STUGLISH -英語勉強ブログ-

英語が話せる日を夢見て勉強中。 ビジネス英語から日常会話まで。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

“loathing”の英語の意味を調べた!

   

こんばんはまるかチップスです。

最近ミュージカル「Wicked」の曲を聞いて過ごしております。
海外ドラマのGleeで「Defying Gravity」が歌われていたり、Wickedの劇中歌はそれなりに人気なのではと思っています。
日本でも劇団四季がミュージカルしてますよね。これから香港でも上演が決定しているとか。

そしてそのWickedの曲の中で私が好きな曲に「What is this feeling」という曲があります。
かれこれもうWhat is this feelingという曲を聞いて2年くらい経つというのに口ずさめるフレーズは”loathing”だけです。

そして昨日までこの“Loathing”の意味を全く気に留めていないことに気がつきました(笑)
いったいどんな意味なんだろうと、電車の中で曲を聞きながらモヤモヤです(笑)。
いままで気にならなかった自分にも腹が立ちました(笑)

さっそく家に帰って”Loathing”を調べてみました。

loathing_w 意味はズバリ“大嫌い”です。

なるほど。

What is this feelingという曲は主人公の女の子2人が親に送る手紙の曲なのですが、
2人はルームメイトなのですが性格の不一致から仲が悪く両親に手紙で愚痴っている時の曲なのです。

「loathing=大嫌い」は納得です。
※loathingは名詞、またはloatheの現在分詞だそうです。

ちなみにloatheひどく嫌う、好かない、嫌だという意味になります。
せっかくなのでどのように使うのか例文を探してみました。

☆例文

・Unadulterated loathing
(完全に大嫌い)

What is this feelingの歌詞に出てきました。
Unadulterated(完全な、まったくの)を調べたついでに。

・I loathe washing dishes.
(私は皿洗いが大嫌いです。)

・I loathe caterpillars.
(私は毛虫が大嫌いだ)

・self-loathing
(自己嫌悪)

※self-hateの方が一般的かもしれません。

・I am filled with self loathing.
(私は自己嫌悪でいっぱいです≒自分で自分が嫌になる)

・Many children loathe green pepper.
(多くの子供たちはピーマンが大嫌いだ)

loatheは大嫌いの有名どころhateの陰に隠れてあまり使われていない英語のような気がします。
dislikeなど似た意味の単語も多いですしね。
あえて使って英語できるアピールをしたいところですね(笑)

 - 日記 ,