STUGLISH -英語勉強ブログ-

英語が話せる日を夢見て勉強中。 ビジネス英語から日常会話まで。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

significant otherってなんて意味?

      2016/11/18

こんにちはまるかチップスです。

この前書いた記事とかぶりますが、フラットメイトと恋話をしていた時に
significant otherという言葉がでてきたのですが、全く知らない言葉だったのでsignificant otherを使って会話ができませんでした。

significant_otherそもそもsignificantが初耳でした。
そこでいつかまたsignificantが出てきた時に会話ができるように調べておこうと思います。

意味

significantには「重要な、重大な、かなりの」といった意味があります。
そしてsignificant otherには「大切な相手(夫、妻、恋人など)」という意味があります。
略してSOと書かれることもあります。
親友とかには使われないそうです。ロマンティックな関係性にふさわしいようです。
ゲイの人がboyfriendと言いづらい時にsignificant otherを使ったりもするそうです。性別を問わないで使えるのがいいようです。ゲイの場合partnerの方が多いでしょうが、覚えておけば会話についていけそうです。

せっかくなので、例文も集めてみました。

例文

You are my significant other.
(あなたは私の大切な人です。)

Ron and his latest significant other are having me over for dinner
(ロンと彼の最新の彼女は私をディナーに招いてくれている。)

That isn’t significant.
(それは大したことではない。)

That was very significant.
(それはとても有意義でした。)

You are a significant figure to me.
(私にとってあなたは大きな存在です。)

That is a significant time to me.
(それは私にとって貴重な時間です。)

なじみがないのでなかなかしっくりきませんが、慣れるように使っていきたいと思います。

 - ラブチャット, 日記