STUGLISH -英語勉強ブログ-

Study + EnglishでStuglish(スタグリッシュ)です。よろしくお願い致します。英語が話せる日を夢見て勉強中。 まだまだ英語に翻弄されていますがビジネス英語から日常会話まで勉強しています。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

Groundhog Dayって何の日? — 2月2日のイベント —

   

こんにちは、まるかチップスです。
アメリカ人の人とチャットをしていたら

Tomorrow is Groundhog Day. Do you know of it?
(明日はグランドホグデーですね。それのこと知ってる?)

と連絡が来ました。
「Groundhog Day」もちろん知りません。ここでいう明日とは2月2日のことです。
何の日なんだろうと思っていたら、続けて説明してくれたので、そのまま書きたいと思います。

Groundhog Day
If the groundhog appears and is scared of his shadow and goes back into his burrow, it means a long winter.
(もしグラウンドホッグ(ウッドチャック)が現れて(冬眠から目覚めるらしい)彼の影を怖がって巣に戻ったら、それは長い冬を意味します。)
If it is not scared and stays above ground, it means an early spring.
(もし怖がらずに地上に留まれば、春が近いことを意味します。)
Its a superstition to see if the weather will improve.
(天気がよくなるかを知るための占いです。)

そもそもgroundhogって動物のことだったんですね。マーモットの一種らしいですけど、私にはあまり馴染みのない動物です。かわいいのになんで知らなかったんだろう。

「Groundhog Day」はグラウンドホッグっという動物で見る天気占いのイベントの日ってことだったんですかね。
ウィキペディアもせっかくなのでみてみるとアメリカとカナダで2月2日に行われるイベントとのことです。詳しくいろいろ書かれていましたが、大まかには同じでした。

実際にニュースを見てみたところおじさまがGroundhogを抱えて「six more weeks of winter」などと言っておりました。
どうやら今年は影が見えてしまったようで、冬はあと6週間は続くだろうとのことでした。
参考記事:Six more weeks of winter: Punxsutawney Phil makes grim prediction on Groundhog Day
早く冬が終わってほしかったのになぁ。
というか思ったより大きなイベントそうで驚きました。すごい人が見守る中発表されるんですね。
これからは春を占うGroundhog Dayに注目したいと思います。

 - 日記