STUGLISH -英語勉強ブログ-

Study + EnglishでStuglish(スタグリッシュ)です。よろしくお願い致します。英語が話せる日を夢見て勉強中。 まだまだ英語に翻弄されていますがビジネス英語から日常会話まで勉強しております。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

英語の「As You Are」ってなんて意味?

   

こんばんは、まるかチップスです。

夏休み気分でブログの更新をサボっておりました。
暑いですね。

さて、最近Charlie Puth(チャーリー・プース)の「As You Are」という曲をよく聞いています。

明るい曲調で聞いてて元気になります。
そんな曲のタイトル「As You Are」とはどんな意味なのでしょうか。
簡単そうな単語が並んでいるけれど、意味はとっさにでてきません。

As you Areとは

けれど便利な世の中なので調べればすぐにわかりました。
As you areの意味は「あるあままに、ありのまま」でした。

それではもう少し掘り下げて歌詞で使われている英文、
I would take you as you are
という意味について考えてみます。

翻訳サイトなどでみてみると「ありのままの、あなたを連れて行くよ」などと出るのですが、
個人的にはどうも歌の流れ的に意味がしっくりきません。

曲のなかではI would take you as you areの前に
I could never judge you. という歌詞があるのですが

意味としては、「決してあなたのことを批判しない」というような意味になります。

色眼鏡で見ない、といいいますか、なかなか日本語でしっくりくる言葉が浮かばないですが、judgeは海外ドラマでもよく耳にしますよね。

「決してあなたのことを批判しない」といったあとに
「ありのままの君を連れて行く」といわれても不思議な感じがします。

takeには「受け入れる」という意味もあるので
「けっしてあなたのことを批判しない」のあとは
ありのままのあなたを受け入れるよ
が個人的にはしっくりくる意味かなと思います。

「As You Are」は聞き取り安い英語でヒアリングの練習にもなるし、口ずさめばTHとSやVとBの発音の練習にもなります。
歌詞も比較的難しくない気がしていい勉強になります。
聞き過ぎてそろそろ飽きてきましたが、夏に合ういい曲だと思います。

 - フレーズ