STUGLISH -英語勉強ブログ-

英語が話せる日を夢見て勉強中。 ビジネス英語から日常会話まで。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

Sorryと Excuse meの使われ方の違い

      2015/07/11

こんばんは、まるかチップスです。

先日休暇をもらったのでアメリカに観光に行ってまいりました^^
どこかって?ロサンゼルスです!サンタモニカの海がものすごいきれいでした!
santamonica

さて本題に行きたいと思います。
よく海外に行く時はその国の簡単な言葉、挨拶とありがとうとすみません位は覚えていくのかなと思うのですが、この「すみません」にあたる”Excuse me.”と”Sorry”の違いについて少し発見したので書いておこうと思います。
onegai_gomen_woman
観光の際によく道を開けてほしいときなんかに使う”Excuse me.”と”Sorry”ですがアメリカでは”Excuse me.”が使われていました。そしてイギリスでは”Sorry”が多かった気がします。発音では語尾があがるのを気をつけないと行けないですね。
アメリカでは本当に申し訳ないときに”Sorry”が使われているようです。
イギリスでは本当に申し訳ないときにも”Sorry”が使われています。
発音の違いで使い分けているように思います。こちらは語尾が上がりません。
さすがアメリカ滅多なことでは謝らないのですね。
これがよく言われている、日本人は謝り過ぎと言われてしまう要因かもしれないですね。

“Sorry”と言われた時は「大丈夫ですよ」と返答したいですよね。
そんな時は“No, problem.”よりも
“It’s, ok”の方をネイティブの方々は使われていました。

みなさまも行く国によって使い分けて文化の違いを楽しまれてはいかがでしょうか?

 - トラベル英会話