STUGLISH -英語勉強ブログ-

Study + EnglishでStuglish(スタグリッシュ)です。よろしくお願い致します。英語が話せる日を夢見て勉強中。 まだまだ英語に翻弄されていますがビジネス英語から日常会話まで勉強しています。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

whatchamacallit 意味

      2018/11/21

こんにちはまるかです。

最近勉強に身も入らず、日本のドラマを見返す日々です。
せめてもの気休めに英語の字幕を出してドラマを見ていたら見たことない、聞いたこともない英語フレーズが出てきました。

それは「whatchamacallit」です。

whatchamacallit

ドラマの内容的に、話を濁している使われていました。
ドラマでは「あれなんだよねぇ」とか「なんといえばいいのやら〜」といったセリフでした。

試しにGoogle翻訳で聞いてみたら、まさかの「ほうれん草」でした。
絶対、ドラマの意味的には「ほうれん草」じゃないな、ということだけはわかりました(笑)。

ただGoogle翻訳もそこまで私のことを見放さないでくれました。
下の方に「whatchamacallit の定義」が書かれていました。

名詞
used to refer to a person or thing whose name one cannot recall, does not know, or does not wish to specify.

「物や人の名前が出てこないとき、知らないとき、具体的に言いたくないとき」に使うようです。
watchamacallit
なるほど。「Let me see」と少し似てるのかな。

なんとなく、「whatchamacallit」を聞いたことがないので、どんな風に使うかもわからないし言うのが恥ずかしいなと思っていたら「whatchamacallit」の語源のような言葉がみつかりました。

それは「What you may call it」です。「あれ、なんていうんだっけ?」に近い意味なようです。

語源がわかると「whatchamacallit」もしっくりきて使う勇気が持てました(笑)。

何か名前が出てこないとき、ごまかしたいときがあったら使って見たいと思います。

ちなみに試しに「ほうれん草」を辞書で引いてみても「spinach」としか出てきませんでした。どうしちゃったんだろうGoogle。

 - フレーズ