STUGLISH -英語勉強ブログ-

Study + EnglishでStuglish(スタグリッシュ)です。よろしくお願い致します。英語が話せる日を夢見て勉強中。 まだまだ英語に翻弄されていますがビジネス英語から日常会話まで勉強しています。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

セブ留学をしてよかった!と思うこと

   

こんにちはまるかチップスです。

30歳になり思い切ってワーホリへ行くことを決めた際に相談した留学エージェントの担当者の方がすすめてくれたフィリピンのセブ留学。

渡航してからは日本人が多いし、フィリピンの英語はけっこうなまっているし、空気汚いしで不満ばかりでしたが、セブ留学を終えてから1年以上がたった今、思うことはセブ留学をしてよかった!ということです。

今回は英語はあまり関係ないですが、セブ留学から1年以上たってしみじみ思うことを感想とともに書きたいと思います。

□日本人の友達


間違いなく1番目に言えることは良い人たち(日本人)に出会えたことです。
留学する前は海外へ行くことを相談できる相手は少なかったですがセブ留学後は良い意味で海外かぶれな友達ができました。
30歳過ぎになって海外に行くとなると、まわりは結婚して子育てをしていたり、地に足をつけて現実的にきちんと生きているので何やってるんだろう。。。という気になります。
そんな時に海外で頑張っている友達がいるのは自分が頑張る背中を押してくれます。
同じように海外へ行こうとしている友達はとても貴重です。

当時は日本人ばかりで嫌だなと思い、なるべく国が違う韓国人や台湾人と学校で話すようにしていました。
それでも日本人が多いので、ちょっとイベントに参加したら確実に日本人がいて楽しまないのも損なので話すようになり仲良くなれました。
やはり同じ国で生まれてきたからこそ、同じようなことで悩み英語で苦戦し分かち合えることがあるのだと思います。

ワーキングホリデーに出てからも日本人の友達はできるのですが、自分しかりですがセブより外国人が多いので英語ができる人や勉強したい人は外国人と話すことを重視するし、夢を叶えたい人は夢に向かって忙しいしでセブほど日本人は日本人に時間を割きません。

ワーホリ前のセブ留学を考えている人、本格的に英語を勉強する前にセブ留学する人が多いので同じタイミングでスタートがきれるから仲良くなれたのかもしれません。

□社交性

かなり人見知りの激しい性格でした。
初対面の人とどう接したらいいのかわからなかったとも言えます。
そんな中、上記にあげたようにたくさんの日本人、外国人とも交流がもてました。

セブ留学ではマンツーマンレッスンが受けられるので、先生も初対面です。
1ヶ月いて10人くらいの先生に教えてもらいました。とにかく初対面の人と英語で話す場数をこなすことができました。
これによりある程度の社交性が身につけられたきがします。

はじめての留学でいきなり外国人ばかりだったらこうはいかなかったんじゃないかなと思います。
マンツーマンレッスンでは先生とはじめて会うときはかるく自己紹介をするのですが、これがよかったんだ思います。
英語で話す苦労に比べれば日本人との会話は楽勝ですし。
ワーホリに行けば新しく出会う人は、外国人で英語だったりもして、英語にテンパったり人見知りしているとせっかくの機会を活かせません。
うまくいかないこともたくさんありますが、人見知りのせいではなく英語力と対話力の問題だと気付けました。

セブ関係ないですが日本で通っていた英会話スクールもよかったかもしれません。
新しい生徒が入ると毎回自己紹介させられていたので。場数は少なかったですが。

□環境への対応


フィリピンは発展途上国ということもあり、日本に比べれば衛生面は劣ります。
空気でのどがやられたり、水や食べ物でお腹をくだすこともあります。
食べ物にハエがよりついてくるのも、おそろしくまずく感じることもあります。
部屋には蟻やヤモリがはいってきたり。運が悪いとゴキブリも。

印象的なのはタクシーのぼったくりにあってお金を払って逃げるときに、まだ足りないと私の胸ぐらをつかんで離さなかったときです。
幸い友達もいたので、対抗して逃げられましたが。
他にも個室に水と桶と穴だけあるトイレとかはじめての経験が山のようにありました。

そのおかげか、セブの後に行ったオーストラリアでのワーキングホリデーでは多少のことでも怖じ気付かずに済んだ気がします。
ファーム先でネズミがでても、部屋の窓が壊れていて閉まらなくても。
いいのか悪いのかはおいといて、まぁこんなものかと思えるようになれました。

□まとめ


社会人になってから、働いてることを言い訳になにもしてこなかったけれど
セブ島へいってひとつきたらずでいろいろな経験をして成長できた気がします。

人生まだまだ先は長いので、もしかしたら後悔することもあるかもしれませんが今はよかったなとしみじみ思っています。
後悔しないですむように頑張って英語覚えようと思います。

 - 海外留学