STUGLISH -英語勉強ブログ-

Study + EnglishでStuglish(スタグリッシュ)です。よろしくお願い致します。英語が話せる日を夢見て勉強中。 まだまだ英語に翻弄されていますがビジネス英語から日常会話まで勉強しています。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

30歳(アラサー)で海外留学するまでの不安と行った後に思うこと

      2019/06/10

留学で人生棒に振ったなんてことも聞きますが、私は海外へ行ってよかったなと思っています。
人によっては人生を棒に振ったと思うのかもしれませんが、得るものも多いと思います。

道

海外へ行ってみたい気持ちはあるけれど、なかなか踏み切れない方の参考になるように行く前に思っていた不安、行った後に思うことををいろいろな角度で書いていきたいと思います。
私は30歳手前で仕事を辞めてその後悩んだ末に5週間フィリピンで語学留学、そしてまたしばらく悩んでオーストラリアへ半年間ワーキングホリデーへ。帰国後は日本で派遣社員をして、悩んだ末に30歳の間に取得しておいたカナダワーキングホリデービザを使いギリホリでカナダへいきました。今は帰国しています。

今回は主に留学する前の不安と帰国後の気持ちを書いていきたいと思います。

お金の不安

なにをするにもつきまとうお金の不安。

海外留学へ行く前に思ってたお金の不安

私はお金持ちってわけではなかったので、海外留学となると金銭面が心配でした。支出はあるのにお金が入ってこない状態がとても不安だったからです。
ただ、海外にはいつか行きたいと思っていたので30歳近くまでまじめに?働いて貯金していたので薄給ではありましたがそこそこ貯金はありました。
ただ20代後半になればある程度まとまったお金ができていましたが、なかなか1歩が踏み出せませんでした。

海外留学へ行入ってから思うお金のこと

留学するにあたり留学エージェントの方に付き合っていただいて、もろもろお見積もりをいただききました。語学留学は本場イギリスやアメリカの場合ホームステイで家賃が高かったですが、自分が想像していたよりは金銭面を相談できることを知りました。
アジアで英語を勉強できることも知りませんでした。
そして比較的安いフィリピン留学に決めました。それでも1ヶ月で全て込みで40万弱は飛んだと思います。
フィリピンではマンツーマンで英語を学べたのでそれを考えれば安かったと思っています。

フィリピンで知り合った友人はその後マルタへ半年留学して60万くらいだったと言っていたので、長期の方がお得だったのかもしれません。イギリスでも3ヶ月で最低でも90万円(航空券代除く)ほどの見積もりだったので、ある程度の金額を支払って自分を追い込んで英語を学ぶのも悪くなかったのかもしれません。
また国によっては学生ビザを取れば仕事もできる国もあるのでお金はそこまで悩まなくてもよかったかなと思いました。

参考サイト:今までの留学は高すぎた。「スマ留」

お金の不安その他

語学学校は英語を習得したらどうしたいという目標が明確にあれば高く無い金額だと思います。
語学留学中に私は誘惑に負けて遊んでいましたが、人によっては本当に真剣に勉強していました。
留学中に出会った方は日本でコスメの販売員をしていましたがフィリピンで半年間勉強して、目標だった海外で百貨店の販売員になりキャリアアップをしていました。留学前も相当勉強していたのだとは思いますが、その方は給料は日本より良いといっていました。キャリアアップできれば留学費用も安いのかもしれません。

仕事の不安

お金と少しにていますが、とても悩みました。

行く前に思ってた仕事の不安

当時薄給なのは辛かったですが、仕事をやめて海外へ行って帰国してからもきっと同じ給料くらいはもらえるだろうと思うと少し気が楽でした。
精神的にもこのまま仕事は続けられないくらい追い込まれていたので、海外へいかないにしろ仕事をやめることを決めていました。
30歳近くで海外に行きたいと悩んでいる人の多くは仕事に不満があるのではないかなと思います。

仕事もバリバリしだして給料も上がってきてとなっていたら海外へ行く決断をするのは難しかったかもしれません。

また帰国後も海外留学やワーホリは遊びだとみなす人もいると聞いていたので就職できるか不安でした。
事実、私は仕事をしたくなくて気になっていた留学に行く決心がついた部分もあります。
この先どんな仕事をしたら良いのかもわからなくなっていました。

留学エージェントによっては帰国後の仕事サポートもついていたので、長期間いくなら利用するか悩みました。
お金の面もありましたが長期間行っても英語が身につかなかったら面接でなんと言えばいいのかと思い、はじめは言い訳できる1ヶ月くらいにしました。

行ってから思う仕事のこと

1ヶ月程度の留学であれば、会社の許可を得てきている人、転職先をすでに決めてから、有休消化で来ている人もいました。
1週間だけ毎年仕事を休んで留学に来ている人もいました。リモートワークをしている人もいました。
また独立して海外の製品を日本で売りたいから英語が必要だと学んでいる人もいました。その方は今では地元新聞から取材を受けるほど仕事が好調そうでした。
仕事を維持したまま留学している人も多いということを知りました。私はなぜか海外留学は仕事をやめなければ行けないと思っていたので驚きました。

帰国後の職探しについてですが私は日本でも低いレベルの給料しかもらっていなかったこともあり、当時と同じくらいの金額をもらうという意味では困ってはいません。
ただそのまま仕事を続けていれば昇級もあったり、経験を詰めるので続けていれば少し良い給料で働けたかなとは思います。

私は結局ワーキングホリデーにも行き2年くらい空白期間がありますが、職探しはなんとかなっています。長期で海外留学していても特に影響はなかった気がします。今ではやりたいことも見つかり、未経験だった職種にチャレンジしています。

日本で働いていたのであれば3年以上社会人経験がれば仕事を1年ほど休んでも帰国後も仕事は見つかると思います。数年のブランクを気にするよりもまだまだバリバリ働けるのなら雇ってくれる企業も多いです。
若い人は気にしなくても仕事は見つかると思います。

それなりに高額の給料を目指すのであれば、海外留学やワーホリ時にいかに成長できたかという点をうまく説明できるかは重要だと思います。TOEIC800点クラスだと良い求人も多いですよね。
派遣も35歳までなら求人はたくさんありましたし、就職も未経験でも38歳までは求人をみかけました。

リモートワーク

これは余談ですが、留学中にリモートで仕事をしている方に出会い私も探してみたりしました。
すると意外とたくさんあるんですよね。海外在住者OKのところも多くて。IT系の職種が多いですが、カスタマーサポートや営業事務も見かけました。どうやら2020年のオリンピック時の交通緩和を目指して国をあげてリモートワークを推しているのだとか。2020年には労働者の50%はリモートワークになるとも言われています。(一部リモートワークも含む)
海外に行っても収入を得ながら勉強する事は可能そうです。技術面など自信があるかたは探してみると良いかもしれません。

年齢の不安

気づけばもうすぐ30歳という不安。主に婚期の不安。

行く前の年齢の不安

私は女で結婚願望なんてなかったのに20代の後半は子供が欲しくなり早く結婚しなければと婚活をしたりとなぜか焦っていました。
ただ不思議な事に29歳になった時に焦っても仕方がないなと思うようになりました。どこか本能で子供が欲しくなっていたのかもしれません。
それでも海外へ行くとなるとどこかで子供を生むのは遠のくかなとか婚期逃すかなと不安な気持ちになりました。
でも逆に考えれば子供がいないからこそ好きな事ができるチャンスだとも思いました。

行ってから思う年齢のこと

実際婚期を逃したのかもしれませんが、日本にいたら結婚していた保証なんてないですからね。そこはなんとも言えないです。
ただ外国人と運命の出会いをして結婚する人なんかもいる事は事実です。

男性が外国人と結婚するのはフィリピンの時にはよく聞きましたが、他の国ではあまり聞きませんでした。
もちろん日本人カップルも多く誕生していて結婚した人もいます。
私も結婚したりということはなかったですが、日本で婚活している時くらいの異性との出会いはあったように思います。

留学したから思う事なのか、年齢を重ねて思う事なのかはわかりませんが、海外でいろいろな人から意見を聞いて焦って結婚して子供を作るよりは誰にも迷惑をかけずに楽しく暮らせていければそれでいいのかなと思うようになりました。いろいろな考え方がありますよね。

英語の必要性

そもそも英語って勉強する意味あるのという疑問。

勉強してる人々

行く前に思っていた英語の必要性

英語を勉強したからといって、英語を使う職でもないし、日本で働くのなら別に英語は必要ないんじゃないかと思うとわざわざ海外留学する意味なんて無いんじゃ無いかと思っていました。
実際仕事で英語はほとんど使わなかったし使ったとしてもメール程度でなんとかなっていました。
もちろん英語を話せるようになって仕事に活かしたいけれど、ちょっと海外に行ったからって英語が話せるようになれるのか自信がありませんでした。

行ってから思う英語の必要性

日本語の通じない環境い身をおくことで、仕事以外にも英語が話せたほうがいいなという気持ちになりました。
海外の友達と話すには英語が必要だし、もっと言えば他の国の言葉にも興味がわきました。
日本に帰国してからは、派遣の仕事でしたが少し英語が使うようなところに配属されました。あとで聞くと英語がわかる人が優先的に配属されている場所と聞いてちょっと嬉しくなりました。
少し英語がわかると言えるようになっただけでも、仕事の幅は広がったのかなと思いました。
まだ英語が必要とはいえない状況ですが、以前よりは英語を使う機会が増えたかなと思います。

友達ができるのか

留学ってこの歳でしても、友達とかできるのかなという不安

行く前に思っていた友達の不安

私はもともと人見知りが激しいこともあり、海外でましてや英語を使って友達ができるのか不安でした。
年齢的にも学校といえば若い人が行く場所という感じがして周りに馴染めるかも不安でした。
社会人になってからも新しく友達を作るということもなかったので、友達ってどうやって作るんだっけといった感じでした。

行った後に思う友達の不安

私が行ったフィリピンの語学学校は日本人が多いこともあり、気にしていた言葉の壁はあまりありませんでした。
それでもマンツーマンレッスンだけでなくグループレッスンで会う人、またシェアハウスで一緒に暮らす人の中には外国人の方もいて時間とともに仲良くなれました。

年代は予想通り圧倒的に大学生が多かったです。それでも同年代の社会人も3割くらいはいました。また旦那さんの許可を経て来ている、旦那さんの駐在勤務が決まって英語が必要になったという既婚の方もいたり、男性は仕事で英語が必要だからと、会社から研修として来ている方がいたりもしました。年上のかたでも60代くらいまでみかけました。

週末は各々企画して旅行へ出かけたりもしており、私は現地でダイビングの資格をとり、その後ダイビングスポットへ旅行へ行ったりしました。

ダイビング

他にも主に日本人のグループでしたが、15人ほどで週末近くの島で遊んだりと友達ができるか不安だったことが嘘のようでした。
マンツーマンの授業では先生が多く自己紹介する機会が多かったので、自然と人と話しやすくなっていたのかもしれません。

日本人はもちろんですが、台湾人と韓国人、学校の先生も含め友達ができました。
帰国してから思うことは、海外の友達はあまり会えないので何年か経つと疎遠になってしまうところです。
その分、日本人の友達は割と定期的に会えますし、その後のワーキングホリデー先で会えたりもして何年か経った今でも交流があります。
社会人になってから海外留学を目指した人とはいろいろと共通点も多く、そういった友達ができたのは今でもよかったなと思っています。

海外で暮らせるのかという不安

そもそも海外でどうやって暮らせば良いんだろうという不安。

行く前に思っていた海外生活の不安

留学するとなると、何ヶ月以上滞在ならビザが必要とかよくわかりませんでした。
お金とも関係ありますが、お金がないと良いところには住めないし、もし不満があったら現地でどう対処したら良いのかもわかりません。
現地の移動や通学、食事が合うのか、全てが不安でした。

行ってから思う海外生活について

私ははじめに行った場所がフィリピンということもあり、生きる力みたいなものを習得しました。その後はどこの国でもあまり困った思いはしていません。

食べ物も合わないし、住むところはよかったけれど洗濯場所など外は虫も多かったです。空気が合わなくて喉をやられて病院に行ったりもしました。

けれど生活していく中で美味しいご飯を自分で見つける努力や、ちょっとの虫は気にならなくなっていました。現地での楽しみ方も覚えて日に日にフィリピンが好きになっていきました。
タクシーに乗って理不尽な金額を請求されても英語で文句を言える度胸もつきました。

海外留学したあとに後悔したこと

留学した後に思うことはもっとしっかり英語を勉強しておけばよかったなということです。
せっかく英語環境に身をおけたのに、思うように英語が話せないのはなんとももどかしかったです。
自分の英語力のレベルの低さを知り焦りがでてきても、急には英語は話せないしで、悔しい思いをして最終的には開き直っていました。
毎日少しでもきちんと勉強しておけばよかったなと思いまいした。

留学エージェントに相談に行くと、ほとんどのエージェントから「目標をきちんと立てて失敗しない留学をしましょう。」と言われました。
当時は目標なんて特にないし、とりあえず行ってみたいという気持ちだけで留学をしましたが、帰国してからその言葉の意味を実感しました。留学している時間は思っているよりあっという間で、確かに英語の勉強に力を入れはしましたが、なんとなく前より話せるというぐらいで目に見えるような英語の成長は感じませんでした。
TOEIC対策や苦手な文法・発音の克服などわかりやすく結果に結びつくようなことをしておけば帰国後も英語に自信がもてたかなと思います。

海外留学行ってよかったと思うこと

行く前には不安しかなかったですが、今では良いことしか思い出せないくらい良い経験ができました。
留学したことでたくさんの人と出会い、人見知りもあまりしなくなしました。
本来の目的だった英語の上達はあまり感じませんでしたが、それ以外のことには成長を感じられます。
度胸がついたのか外国人と話すことへの抵抗が少なくなり、その後のワーキングホリデーではなんちゃって英語でもなんとかローカルの仕事がもらえるようにもなれました。
個人的に一番よかったと思っていることは、留学の一歩を踏み出したことで海外留学してみたいなと思いながら、とりあえず働く生活から抜け出せたことです。行っていなかったら今でも悩み続けていたと思います。

絶景

海外に行ったことで日本にいたら見れなかった景色がみれて世界が広がり、自分の考え方も以前より柔軟になったように思います。
挑戦することに対してネガティブになりがちでしたが今では、無理だと諦めていた海外で働くことも少し視野に入れることもできるようになりました。

以上経験をもとに参考になるのかわかりませんが書いてみました。

長文になってしまいましたが、読んでいただきありがとうございます。

 - 海外留学