STUGLISH -英語勉強ブログ-

Study + EnglishでStuglish(スタグリッシュ)です。よろしくお願い致します。英語が話せる日を夢見て勉強中。 まだまだ英語に翻弄されていますがビジネス英語から日常会話まで勉強しています。夢は字幕無しで映画を見る事です!

*

ワーホリでも面接に呼ばれる英語レジュメの書き方と例文集!

      2019/01/18

こんにちはまるかです。
ワーキングホリデーを終えて思い出に浸る日々です。
ワーホリはオーストラリアとカナダにいきました。現地では日経のクリーナー、ローカルのクリーナー、ファームジョブ、コリアン経営の寿司屋、映画館のキッチンで仕事をしました。日経1つ、ローカル(英語環境)4つといったところです。

はじめに

ワーホリに行く前に私が一番はじめに苦戦したレジュメ。ギリホリ(30歳ギリギリでのワーホリ)だったのでワーキングホリデーで1日でも無駄にしたくなかったので、日本にいる時にレジュメを作成しました。一度書いてしまえばその後のワーホリもだいぶ楽になります。
ちなみにレジュメ(resume)とは履歴書のことですが日本と書き方が異なり、はじめて書く時は文章が動詞からなどルールがあり時間がかかって大変でした。
面接では落ちましたが、カフェやホテル、一般企業など書類選考(あったのかは不確か)の通るレジュメの書き方を英語の勉強にもなる例文とともに、仕事の見つかるコツを踏まえながら書いていきたいと思います。
例文を組み合わせてオリジナルのレジュメを作ってください。
resume sample
レジュメのサンプルを下記からダウンロード可能です。
stuglish_resume(word)
stuglish_resume(pages)

レジュメで書くこと

まずレジュメで書く内容について説明します。

  1. Personal Data (個人情報)

    名前、住所、電話番号、メールアドレス、ビザの種類を書きます。

  2. Objective (目的/志望ポジション)

    目的を書きます。どの職種に応募するのかなどを書きます。

  3. Availability (勤務可能時間と曜日)

    志望ポジションに入れてしまっても良い。

  4. Skills and Qualification (スキルと資格)

    仕事に活かせそうな技術を書きます。

  5. Previous Employment (職務経験)

    職務経歴は経験のない場合は無くても大丈夫です。

  6. Education (学歴)

    書きたい場合を除いて最終学歴のみでも大丈夫です。

  7. Reference (参考人)

    Resumeの項目の最後に書きます。「Reference」といい会社側がResumeに嘘はないか、どんな人物なのか調べるときに使う連絡先です。前職ではどのように働いていたかなど。

書く意気込み

詳しい説明の前に、書く意気込みについて。

海外のアルバイトの応募をしてみて私がレジュメで思うのは、面接官の方たちはたいしてレジュメを見ていないということです。なので気楽に書いてしまいましょう
求人がでているようなところでは応募者も多いのでいちいちレジュメを見ていることは少ないです。(一部企業は履歴書で未経験者を弾いていたりしますが)
「面接日にレジュメを持ってきてください」とすでにメールで送っていても言われることが多いくらいです。そもそもレジュメがいらない場合もありました。
私も一度、寿司屋で働いている時に代理でバイト採用をしたのですが、パッと見で見栄えが良いか悪いかがまず重要な気がします。
面接時にレジュメを持っていっても、質問したほうが早いので面接官の方は聞いてきます。たまーに面接慣れしていない方が何を聞けばいいのかわからずレジュメを読む場合がある程度です。
つまりは面接が重要ということでもあるのですが(笑)。日経の場合は面接は日本語になるせいか、履歴書はよく読まれてる印象です。

またレジュメで何を書いていいのかわからない項目がある場合は思い切って飛ばしましょう。

それではひとつずつ詳しく説明していきます。なるべく丁寧に書いているので、長くなりますが役に立てればと思います。

Personal Data (個人情報)

私はレジュメで一番重要な項目だと思っています。なぜなら連絡先を間違えたらせっかく受かっても連絡がこないのですから。
間違えがないように注意して書きましょう。
日本と違い生年月日、性別などを書く必要はありません。また証明写真を貼る必要もありません。
ライバルと差をつけるためにわざと写真を印刷する人もいるようですが、見た目にあまり自信がないのと、面接前から変な印象を持たれても嫌なので私は写真はつけたことはありません。
電話番号や住所などは現地に到着しないと手に入らないのですが、ワーホリ中に電話番号や住所が無くてもメールやスカイプのやりとりだけで仕事をゲットしている人もいました。ない場合は思い切って飛ばしましょう。

また私は日本で履歴書を作成したので、メールで送る際はデータを更新してから送付しましたが、日本で印刷したレジュメの住所は一時滞在先にし、電話番号は空欄にしておき現地で手書きで書き込みました。カナダではこれで面接に行き3社中、2社採用されています。不採用もレジュメではなく働ける日数や語学力で落ちたと思っています。

書き方例

E-mail : xxxxxxxxx@xxxxx.com
メールアドレス : xxxxxxxxx@xxxxx.com
Address : xxxxxxxxxx Vancouver, BC xxx xxx
住所 : xxxxxxxxxx Vancouver, BC xxx xxx
Phone : (123)123-123

Visa : Working holiday VISA (Expired 29th January 2018)
(ビザ : ワーキングホリデービザ(有効期限 2018年1月29日) )

※電話番号の区切り方に注意しましょう、日本の場合例えば090-1234-5678となりますが、海外の場合は(123)123-123、(123)123-0123などとなる場合があります。これをミスるとスペルミスのような違和感を与えることがあります。自分の電話番号がどのように区切るのかわからない場合はスマートフォンの場合電話番号を打ち込んでみると区切りが表示されます。

※ワーキングホリデーのビザの有効期限をですが、一般的に6ヶ月切ると仕事を見つけるのが難しいと言われています(特に未経験の職種)。逆に言えば6ヶ月以上ある場合は立派なアピールポイントなので書いて明確化しましょう。6ヶ月なんてと思うかもしれませんが、現地の学生は2週間や1ヶ月などと短い期間ですぐにやめる人も多く、6ヶ月でもきちんと働くアジア人は人気があります。また6ヶ月を切っている場合はレジュメには書かないで面接でどのくらい働けるか意欲とともに伝えるのも手です。また友達に紹介してもらうと6ヶ月未満でも仕事は見つかりやすいです。

Objective (目的/志望ポジション)

この紙の目的(どの仕事を探しているか)を書きます。志望ポジションがある場合は明確に書きます。
希望するポジションがない場合やどこでもいいからローカルの仕事が欲しいなどの場合はfull-time(40時間くらい働く)またはcasual position(40時間未満)の仕事を探していると書くと、どこにでもレジュメをドロップできて便利です。またネットなどの求人を見て応募をする場合、そのお店は同時にウェイターやキッチンハンドなど複数ポジションを募集していることもあります、その場合はわかりやすくどのポジションか書いておくと親切かと思います。

書き方例

Looking for a position at Cafe.
(カフェでの仕事を探しています)

Looking for a full-time job
(フルタイムでの仕事を探しています)
※海外の場合、正社員やアルバイトという概念ではなくフルタイム(だいたい週35時間以上)とパートタイム(だいたい週35時間未満)となります。

Japanese who has right to work in Canada seeks a full-time or casual position.
(カナダで働く資格のある日本人、パートまたはフルタイムの仕事を探しています。)
※字数が稼げるので私はこの文を使っていました。

Japanese who has right to work in Australia seeks a farm job.
(オーストラリアで働く資格のある日本人、ファームの仕事を探しています。)

To obtain a position as a waiter.
(ウェイターの職を得ること)

To perform or expand my abilities
(私の能力を使う、または伸ばすため)
※こんな書き方もあります。

Availability (勤務可能時間と曜日)

私の経験上ですが、ローカルの仕事は24時間いつでも働ける時が一番決まり安いです。
英語がカタコトでもシフトがいつでも入れる場合はそれがアピールポイントになります。面接に行った際に、面接の最後に働ける時間を丸で囲ってと言われた際に、無職だったので大きく全てを囲ったところ、「全部働けるの?、最高だね!」と面接中ボロボロでしたが、受かったことがあります。

掛け持ちでローカルを探すのは難しいので無職の期間は辛いですが根気よく探してみてください。
平日は学校がある場合や掛け持ちする場合、土日は働ける、ランチタイムは入れるなど積極的にアピールしましょう。
逆にあまり入れない場合や週2希望などの場合はAvailabilityを書かないで面接で話してみましょう。

書き方例

Available Monday to Sunday to work any number of hours.
(月曜から日曜まで何時間でも働けます。)
Can start from Friday 27th May.
(5月27日から始められる)

Able to work 7 days include weekends.
(7日間週末も含めて働けます。)

Available 24/7/365
(いつでも可能)
※24/7/365は365日、1週間、24時間の数字から来ており、よくコンビニなどが年中無休の意味で使っています。レジュメでも年中いつでも働けるという意味で書く人もいます。

Available to work anytime for Monday to Sunday except for 9 AM to 4 PM in weekdays.
(平日の9時から4時以外の月曜から日曜までいつでも働ける)

Monday to Friday: 3.30 pm – Closing time
Weekend: All Day

Available for immediate start
(すぐに開始できる)
※ファームジョブなどは開始時期を入れるのもいいです

Available to work between 10-20 hours per week
※学生ビザなどで働ける時間が決まっている場合、働ける時間を書くのもいいです。

Skills and Qualification (スキルと資格)

これから応募する職種に有利な資格を書きます。場合によっては資格がないと働けない業種もあるので持っていることをアピールしましょう。
特に資格などがない場合は、コミュニケーション能力や遅刻しないことなど長所を書いてみましょう。

書き方例

Currently hold a temporary driving license (Expired 2019 May)
(一時的な運転免許所持 有効期限2019年5月)

RSA Responsible Service of Alcohol
※資格は資格名を書けばOK。

Time Management
(時間管理)

Leadership
(リーダーシップ)

Ability to Work Under Pressure
(重圧下で働く)

Very good level of English
(英語がよく使える)
※嘘でも英語はできると書いた方がいい言われていますが、面接でばれるので無理して書かなくてもいいのではと思います。自信のある方は書きましょう。

Honest and reliable
(真面目で信頼できる)

Able to work in flexible schedules according to the requirements
(要件に応じて柔軟なスケジュールで作業が可能)

Self motivated with the ability to work well individually or as part of a highly energetic team
(一人でやる仕事でもやる気のあるチームでも意欲を持って働ける)

Can use Macintosh, Windows, illustrator, Photoshop etc
(マック、ウィンドウズ、イラストレーター、フォトショップを使える)

Enjoy cycling, cooking, films and music
(音楽、映画、料理、サイクリングを楽しむ)
※今を思うとこれいるのかなと思いますが、遊び心も大事かなと思ってSkillのところに書いていました。上記4つを実際にレジュメに載せていました。

Previous Employment (職務経験)

職務経験がある場合は書いてアピールしましょう。応募する職種に関連する職種を優先的に書きましょう。直近の仕事を上に書きます。

書き方例

Company Name, Movie theater 2018 February – October, Canada
・As a kitchen hand, cooking, prepping, dish washing, cleaning
(会社名 映画館 2018年 2月 – 10月 カナダ)
(キッチンハンドとして、調理、仕込み、皿洗い、清掃)

Company Name, sushi shop 2018 April – August, Canada
・As a cashier, handling cash, Taking orders, cleaning
(会社名 寿司屋 2018年 4月 – 8月 カナダ)
(キャッシャーとして、現金の取り扱い、オーダーを取る、清掃)

Company Name, cleaning company, 2016 july – October, Australia
・As a Cleaner, Vacuuming, wiping, Bin in/out
(会社名 清掃会社 2016年 7月 – 10月 オーストラリア)
(清掃員として、掃除機、拭き掃除、ゴミの出し入れ)

Company Name, Farm, 2016 july, Australia
Help for farm, packing and weeding etc
(会社名 農場 2016年 7月 オーストラリア)
(ファームの手伝い、パッキングと草むしりなど)

※量が多いので下記から日本語訳飛ばします。
他にももろもろ友達のレジュメの手伝いをした時に使った文を例文として紹介します。

キッチン経験
Company Name, Tokyo, February 2017 – October 2017
Position: chef (Mainly serve Fish)
In appropriate Grilled Fish, Fillet fish, Boiled fish
Swept and mopped kitchen floors
Prepared ingredients for cooking, including portioning, chopping, and storing food
Prepared and cooked food in keeping with recipes, quality standards and presentation standards

Company Name, Tokyo, October 2013 – December 2016
Pocition: Chef (Bistro bar, Mainly serve Beef and Pork)
・ Prepared all restaurant menu items: salads, pasta, pork saute, Carpaccio etc.
・Provided special dietary requirements as needed
・Operated stoves, grills, fryers, ovens and microwaves
・Good understanding of hygiene practices

ネイリスト
Company Name, Tokyo, April 2012 – September 2015
・ Gel nail, Sculpture nail, 3D art, Paint art, Foot nail,
nail off, Polish, Cuticle clean
・Sanitize/disinfect tools and equipment
・Provide paraffin treatment
・Converse naturally with clients and comply with their request

カスタマーサポート
DISTRIBUTER COMPANY, Company Name 2013 – 2015
• The role was customer support to end users.
• Contact to developer and customer in English.

歯科助手
Dental assistant & reception 2013 – 2015
( Full time worker in Japan )

※職によって書き方は変わりますが、できることを箇条書きで書けばいいのでそんなに難しくはないと思います。

※スターバックスは海外でも人気のバイトなのでワーホリの場合、短期間しか働けないためホームページのCareerから応募した場合、職務経験のところでカフェ未経験の場合は落ちるようです。未経験の場合直接レジュメを持っていきアピールするのがコツです。

Education (学歴)

最終学歴だけでなく、語学学校に行った場合は載せて、英語への意欲をアピールするのもいいかもしれません。

書き方例

xxx language school in Sydney 20018 – Now
TOKYO xxx COLLEGE 20010 – 2012

Reference (参考人)

私は一度も書いていませんがアルバイトだからか面接に呼ばれています。企業での事務などオフィスワークなどの場合は調べられるかもしれないですね。
どうしても書きたいが書いてくれる人が思い浮かばない場合、学校の先生や、周りの友達でも大丈夫です。

書き方例

Available upon request
(要望があれば承ります)

※とりあえず何も書くのが嫌な場合は要望があった時に紹介するという意味のAvailable upon requestと書いておきましょう。

以上でレジュメの書き方の説明終了です。
レジュメって始めて書くとなかなか時間がかかりますよね。

語学学校に通われているかたや、留学エージェントにお世話になっている方はレジュメを添削してもらえばスペルミスなどなくいい仕上がりになると思います。友達に相談するのもいいと思います。
レジュメは仕事探しの第一歩です。レジュメ作りは早く終わらせて面接の準備に時間を使いましょう。
またメールで仕事に応募する場合はカバーレターが必要だったりしますので、いい仕事を見つけるために頑張りましょう。

 - ワーホリ